無添加100%高純度コラーゲン『フィッシュコラーゲン顆粒』


フィッシュコラーゲン顆粒 1kg入り


コラーゲンペプチド100%のフィッシュコラーゲン顆粒の特徴

★高純度コラーゲン

海水魚(赤松鯛)のウロコのみを原料にしたフィッシュコラーゲン
冷たいもの、温かいものにも溶け、色々な料理にも使えるコラーゲンです。
添加物・保存料・着色料は一切使用していません。

★消化吸収しやすいコラーゲン

正しくはコラーゲンペプチドといい、18種類のアミノ酸で形成されています。
食材で食べるよりも低分子ですので、消化・吸収されやすくなっております。

★脂肪分を全く含みません。

食事でコラーゲンをとろうとするには、油分がさけられません。
フィッシュコラーゲン顆粒は脂肪を全く含んでおりませんのでダイエットを気にされる方にも安心してご使用いただけます。

フィッシュコラーゲン顆粒は、水に溶けやすいコラーゲンです。

一般的にコラーゲンは水に溶けにくい、繊維状構造や網目状構造をしたタンパク質です。その為、従来のコラーゲン100%粉末は、水に溶けにくい、飲みにくいという欠点がありました。
コラーゲンを日常的に摂取するならば、手軽に飲みやすいものでなければなりません。フィッシュコラーゲン顆粒は、コラーゲンを低分子化して、さらに顆粒状に加工することにより水に溶けやすくなっています。フィッシュコラーゲン顆粒は、サット溶けて手軽に飲める吸収しやすいコラーゲン補給食品です。


フィッシュコラーゲン顆粒の画像↓ 粉末のような細かい顆粒です。



フィッシュコラーゲンにも色々な種類がある。

フィッシュコラーゲンと一口に言っても、淡水魚から海水魚、深海魚まで幅広く使われています。また、魚の骨や皮のみを使用しているものから、ウロコのみを使用しているものまで様々で、原料の価格もピンからキリまであります。魚の骨や皮からコラーゲンを抽出したフィッシュコラーゲンは、骨や皮を原料とするため、脂質の混入が考えられ、またその除去方法が複雑になってしまいます。さらに、魚の骨や皮からコラーゲンを抽出したフィッシュコラーゲンは高分子状態で抽出されるので、消化吸収が悪く、塗布用には良いのですが、飲用には不向きであると言われています。魚のウロコからコラーゲンを抽出したフィッシュコラーゲン(スカールコラーゲン)は、 コラーゲン独自のアミノ酸であるヒドロキシプロリン量が少ないという独自のアミノ酸組成により、変性温度も低いため、消化吸収されやすいことが明らかになっています。

変性温度と人間の体温の比較
フィッシュ(ウロコ) 動物性 フィッシュ(魚皮) 人の体温
8.5度 40.1度 30.3度 37度
※上記の温度より高くならないとコラーゲン繊維は分解できない。

フィッシュコラーゲンというと、淡水魚(テラピアやナマズなど)を原料に使用したものが多く見られますが、海水魚(鯛)を使用したものの方が品質が良いことが明らかになっています。海水魚(鯛)コラーゲンの良さは、品質の良さ、脂肪分がゼロ、臭いがないなどの利点があります。良いコラーゲンは、良質な魚から作られるのです。


※当商品はコラーゲン専門メーカー『ニッピ』が製造した業務用専売品を、健康美容館が一般消費者向けに小分け販売しているOEM商品です。

お召し上がり方

フィッシュコラーゲン顆粒は食品ですから、特に使用量は決まっていません。
1日に5g(ティースプーン4〜5杯)程度を目安にご使用ください。
いやな臭いやクセがないのでとても飲みやすいコラーゲンです。


この商品のご注文はこちら





低分子だから吸収力が違うコラーゲンペプチド(豚皮コラーゲン100%粉末)

コラーゲンペプチドの画像↓ サラサラの微粉末です。


コラーゲンペプチドは、日常の食生活のなかで無理なくコラーゲンを摂るために開発された豚皮のみを使用した純度100%の高品質な低分子コラーゲンです。添加物・保存料・着色料等は一切入っておりません。脂質・糖質ともゼロのコラーゲンペプチド100%の安心のコラーゲンです。
たんぱく質分解酵素により低分子化されたコラーゲンは吸収しやすいのが特徴です。ほとんど無味無臭で、溶けやすい粉末ですから料理やドリンクに加えるだけで手軽に無理なくコラーゲンを摂ることができます。


お召し上がり方

コラーゲンペプチドは食品ですから、特に使用量は決まっていません。
1日に5g(ティースプーン4〜5杯)程度を目安にご使用ください。



この商品のご注文はこちら




コラーゲンの注文方法はこちら

コラーゲンのページにもどる



商品一覧 | マカ | コラーゲン | 田七人参 | 大麦若葉 | 亜鉛 |