TOP | ご注文方法 | マカ | コラーゲン | 田七人参 |
大麦若葉 | 亜鉛 | ヒアルロン酸 |

マカの価格について

お客様から、「どうしてそんなに安いのですか?」「品質は大丈夫ですか?」 というご質問をよくお受けします。
このページでは、マカの価格についてご説明します。
マカは日本では高価なものだと思い込んでいる人がまだ多いと思います。
そこで、マカの原産地(ペルー)の価格はいくら位なのかを皆様にお知らせします。

原産国ペルーでは、天日乾燥されたマカの現物(塊茎)は1kg当たり 、日本円にして500円〜800円程度で売られています。
粉末状に加工されたマカ原末(100%粉末)は日本円にして1kg 1.000円〜2.000円程度で売られています。
生産農家と契約して、大量に買い付けすればもっと安く購入できます。
この価格が原産地ペルーのマカの一般的な相場です。これよりも大幅に高いマカというのは存在しません。
日本でマカを輸入して販売している業者は、このくらいの価格で買い付けて、日本に輸入しています。日本に輸入する際にかかる輸送費、通関料、その他の経費を入れても1kg当たり2.000円〜4.000円程度(取引量による)で仕入れています。国内の原料卸メーカーでも、1kg当たり3.000円〜5.000円程度が相場になっています。(2009年6月現在)
※1kg当たり3.000円ということは、100gで300円です。

例えば、肉などにもグレードがあるように、マカにもグレードがあります。
マカ原末(100%粉末)のグレードは、下記の3種類があります。
 1.普通のマカ末(有機認証なし)
 2.有機マカ末(海外の有機認証を取得しているもの)
 3.有機マカ末(日本の有機JAS対応・認証あり・手続きをすれば有機JASマークが付けられるもの)

この内、3.が最もグレードが高いです。このグレードによって、値段が違ってくるのですが、それでも1kg当たり6.000円を超えるものは存在しません。
ちなみに、世界一の輸出国であり、サプリメントの本場アメリカにある、マカの世界的な配給会社、Healthy Alternative,社では、1kg - $59.90(日本円にして約7.200円)で小売しています。5kg以上では、1kg当たり4.000円くらいで、100kg以上では、1kg当たり2.000円程度で販売しています。
アメリカの有名な大手マカ販売会社、Herbs Americaでも、1kg - $48.99(日本円にして約5.732円)で小売しています。8kg以上では、1kg当たり3.900円くらいで販売しています。

マカが高価なものだと信じていた人達は、この価格は随分安いと思われるかも知れませんが、この価格はペルーでは結構いい値段です。ペルーの平均月収は100ドル〜130ドル(1ドル約100円)くらいです。
私どもは日本でのマカの販売価格は100g当たり、1.000円〜2.000円程度が適正価格だと考えています。これ以上の価格で売られている製品は、高品質だから高価なのではありません。
マカは本当は驚くほど安いものなのです。高価格で販売している会社は、代理店制度(※販売価格は代理店の利益をのせた価格になる)を導入していたり、直輸入している会社ではなく、国内の輸入卸会社から仕入れているために、中間マージンが発生して高くなっているのです。

マカに限らず、一般的に健康食品は原価がすごく安いのですが、コストや利益をのせすぎているのです。
中間マージンをカットして、宣伝費等にもあまりお金をかけないで、利益を最低限におさえて販売すれば、驚くほど低価格で販売することも可能なのです。
健康食品の価格差がなぜ生まれるのかについては、日本の健康食品はなぜ高いのか?でも価格差が生まれる背景について説明しています。

ペルーの通貨について

ペルーの通貨はソルです。つづりは、SOL。ペルー国内(都市部)では、大抵の場所で米ドル(紙幣のみ)がそのまま流通しています。品物は、ペルー国内で生産されるもの、安いものは大抵現地通貨ソル表示で、高価なもの、輸入品はドル表示($)という場合が多いです。

ペルー国民の収入について

ペルー国民の人口は約2,400万人で、平均月収は$100〜$130くらいです。

原産国(ペルー)の現状

ペルーでは、マカは乾物屋、八百屋、スーパーなどでジュースやお酒、シリアル、チップス、キャンディーになって売られていますから、大人から子供まで誰でもが食べています。乾燥したマカも粉として売られていますから、家庭では料理に混ぜたり、ヨーグルトに入れたり、まるで調味料のように使われています。
マカはペルー国民(平均月収は$100〜$130くらいの人達)の誰もが食べている食品なのです。
ここまで説明すれば、ペルーでは「天日乾燥されたマカの現物(塊茎)が1kg当たり、日本円にして500円〜800円程度で売られている」「粉末状に加工されたマカ原末(100%粉末)は日本円にして1kg1.000円〜2.000円程度で売られている」ということがご理解、ご納得いただけたと思います。

マカが日本に紹介され始めた1998年頃は、マカを低価格で販売すると粗悪品扱いされた。

当社は、マカが日本に紹介され始めた1998年頃からマカの取り扱いを始めました。
当時、1袋60g入りで2.500円、3袋以上まとめて購入すれば1袋2.000円で販売していました。
つまり、3袋→180gで6.000円で販売していたのです。
今ではたいして安くはないのですが、この当時は、100g当たり、10.000円前後が相場でしたから、かなり低価格だったのです。
しかし、当時は消費者がマカは高いものだと信じ込んでいて、安いマカは粗悪品ではないかと疑われて、あまり売れなかったのです。
マカ100%の粉末です! と説明しても、「なにかを混ぜているんじゃないか・・・」「マカ100%はそんなに安く売れるわけない」と、なかなか信じてもらえなかったのです。
あれから数年経って、価格崩壊が進み、現在では100g当たり、2.000円前後が相場になっています。
今、マカを低価格で販売しても当時のように粗悪品ではないかと疑う人は少なくなりました。小売平均価格が下がり、マカは本当は安いものだということを消費者が分かってきたからです。
マカは原価などからみて、今後さらに価格崩壊が進み、数年後には100g当たり、1.000円前後の価格が普通になると思われます。


マカのページへ

HOME | コラーゲン | 田七人参 | 大麦若葉 | 亜鉛 |

マカの歴史 | マカの栽培地 | マカの種類は | マカの成分解説 | マカの成分表 | マカの加工方法 | 現地人の食べ方 | マカ料理レシピ |
マカの画像 | 有機栽培と無農薬 | なぜ安いのか? | 高品質マカが高い | マカの適正価格は | 正味量を確認する | 摂取量について |
原末とエキス末 | 原末orエキス? | 誇大広告に注意 | 比較サイトの実態 |