マカの適正価格とは?


先日、「当社のマカ製品は適正価格です」と表記しているのを見かけました。
適正な価格とは何を指すのか難しい問題ですね。

たとえば、マカ粉末の仕入れ原価が1kg4.000円だったとします。
ところが、どこの店でも3.500円で売っているとしたら、たとえ仕入れ原価を割っていても、お客様から見た適正価格は3.500円ということになります。
そのときに、仕入れ原価が4.000円なのだから、7.000円で売ってもけっして高くないだろうと考えるのは、売り手側の論理です。お客様の立場からすれば、この価格は容認してもらえません。

また、以前はマカ粉末1kg7.000円で売れていたものが、価格競争が進み4.000円でなければ売れなくなれば4.000円が適正価格です。

適正価格とは、この価格ならお客様に認知してもらえるという価格のことだと思われます。
適正価格は非常に決めにくいもので、基本的には買い手が決める価格が適正価格といえます。




マカのページへ

HOME | コラーゲン | 田七人参 | 大麦若葉 | 亜鉛 |

マカの歴史 | マカの栽培地 | マカの成分 | マカの加工方法 | マカ料理レシピ |