マカ・モラーダ100%粒 お徳用パック
(マカ100%錠剤)
1袋 600g入り 1粒250mg 約2400粒入
1袋 12.000円
天日乾燥のマカ・モラーダを100%使用し、飲みやすいように粒タイプにしたものです。このマカ・モラーダ100%粒は賦形剤を一切含まない、圧力だけで固めたマカ・モラーダ100%の錠剤です。吸収しやすくするため、硬さにもこだわりました。吸収率が高い錠剤です。無添加(100%マカ)有機JAS認定マカ・モラーダ使用。
※当商品は有機JAS認定原料を100%使用して製品化していますが、小分けを自社で行っているため、有機JASマークは付いておりません。

マカモラーダ種の説明


マカには、根が黄色、赤、ピンク、紫、黒など数種類があり、なかでも紫色などの濃色マカは「モラーダ」と呼ばれ、
現地でも珍重されています。紫などの濃色系マカでは、ミネラルやフラボノイドなどの含有成分量に違いがあります。(マカ研究の第一人者グロリア・チャコン博士の文献より)
マカモラーダ100%粒は、アンデス山脈の中腹、海抜4000〜5000mにあるボンボン高原で栽培収穫した
モラーダを3ヶ月以上かけて天日乾燥させた後、粉末状にして、それを100%の錠剤に加工したものです。

100%の錠剤とは?

健康食品の錠剤に加工する時、その形を作り固めるものを賦形剤(ぶけいざい)といいます。
賦形剤は栄養素以外の成分→添加物です。粉末を粒タイプに仕上げる為には賦形剤を必要とします。
「必要最小限の賦形剤を使用しています。」という説明を目にしますが、添加物「ゼロ」に勝るものはありません。
健康美容館では最新の技術を駆使して、賦形剤をいっさい加えず、圧力だけで粒タイプに仕上げ、
100%のマカ粒を作りました。
サプリメントの多くは、栄養素を固めて錠剤とするために賦形剤を使用しています。一般的な製法で作る錠剤は、
50%〜90%がこの賦形剤で作られており、製品に含まれる主成分が少ないことはもとより、「混ぜ物」の成分
によっては肝心の成分を壊してしまうものさえあります。
そもそも錠剤を作るのにこれだけの賦形剤が必要なのか? 多くの場合、コストの関係で主成分を少なくして作って
いるのです。

錠剤の主成分含有量の説明

例えば、マカ錠剤、1粒 300mg。そのうち150mgがマカ粉末の製品があるとします。
300mgとは0.3gのことです。(※3.000mgは3gです。) この場合、マカの含有量は1粒 0.15gということになります。
つまり、このマカ製品の場合、100gでマカの含有量が約50gということになります。他の50gは賦形剤です。
先ほども説明しましたが、錠剤は賦形剤が少ないほど、主成分が多くなり、優れた製品になります。
この製品の場合ですと、約50%が賦形剤であり、肝心の主成分が少ない上に、賦形剤の大量使用により、
一番大切なマカの成分が壊れて、変質してしまっている可能性があります。
錠剤製品を選ぶ際の参考にしてください。

マカモラーダ100%粒は、最新の技術を駆使して、モラーダ粉末を打錠し、固形剤、滑沢剤等、
混ぜ物を一切ふくまないマカ粒に仕上げました。
飲みやすい250mgの小粒にし、さらに消化・吸収しやすく、硬さにもこだわりました。


マカモラーダ粒のお召し上がり方

食品ですので、摂取量、摂取方法は特に決まっていません。
食品として、一日に10〜50粒程度を目安に水、ぬるま湯、牛乳、ジュースなどと共にお召し上がりください。

保存方法

直射日光、高温多湿を避け、アルミパックに入れて保存してください。常温で二年間保存可能です。



この商品を注文する


マカのページにもどる


ご注文方法  
特定商取引法表記


健康美容関連の通販ショップ 健康美容館


Home | コラーゲン | 田七人参 | 大麦若葉 | 亜鉛 | ヒアルロン酸 |