マカの歴史



マカのルーツ - 2,000年の歴史を持つ作物 -

マカは紀元前4000年には栽培されていたと言い伝えられていますが、ジャングルから移住してきた荒武者族であるPupushによって紀元前1200年から100年の間には完全に栽培種化されていたようです。アンデス高原の至る所で栽培され続け、西暦1100年から1470年の間に到来したYaro族によって、より完全化されました。それまでに、全形状及び色の新しいマカ品種が開発され命名されました。現在、マカは30もの特殊な種類あります。考古学者によって古代の炉で発見されたマカから証明されるように、マカは野生植物から栽培主要産物へと進化していったのです。

インカ征服後、彼らは大量のマカを君主への貢物としてCuscoに送ったといわれています。
1549年に、莫大な量である15000-18000パウンドを植民地政府への唯一の貢物として贈ったことが記録されています。当時、スペイン人は表向きには現地食を軽蔑していましたが、マカの栄養価の高さを知り持ち帰っていました。

古代においては、マカは炭化した土と根元の炭を敷いた穴でそのまま料理されており、これを「huatia」と呼んでいました。煮て潰して団子状に丸め、わらを敷いた土器で料理し「atunca」を作っていました。

マカが12,000フィート以上である最も荒涼とした地形で繁栄した一方、政治的反乱及び大衆の食事における変化によって、1970年代には絶滅の危機に瀕するところまで追いやられました。1979年頃はマカの耕作面積は僅か25ヘクタールしかありませんでした。しかし、現地の人々による献身的で慎重な種子収穫と見識によって絶滅の危機を逃れたのです。今日、ペルー高地においてマカの栽培は年間1,000エーカー以上に上昇しました。

1998年には、ペルーのフジモリ大統領が訪日され、国有農産物のひとつとしてマカを世界に知ってもらおうと普及キャンペーンに努めました。その結果、日本のマスコミにも大きく取り上げられてマカが注目されるようになり輸入量が大幅に増えました。



マカのページにもどる

HOME | コラーゲン | 田七人参 | 大麦若葉 | 亜鉛 |

マカの栽培地 | マカの成分 | マカの加工方法 | マカ料理レシピ |


Copyright (C) 2006 herbthree All Rights Reserved.