商品の賢い見分け方 是非マカ商品の含有量をご確認ください。


「1日2,000mg 摂取可能で、30日分で3.600円 !」

上記のように宣伝して販売している場合が多いのですが、これは一見、量が多そうで低価格に見えますよね?

しかし、よく内容量を確認すると
1粒250mg×300粒入り
※この内、マカ原末が80%、粒に固めるための賦形剤が20%入っていると表示されていました。

計算すると、250mg×300粒 =内容量は75gです。
(注)、250mg とは 0.25g のことです。2,000mg とは 2g のことです。

上記の商品の場合、マカの正味量は、内容量75g×80%= 60g しかありません。
つまり、マカ60gで 3.600円ということになります。(※有機JASマークなし)

現在、マカ100%粉末は、国内の原料サプライヤーから仕入れた場合でも1kg当たり4.000円前後が相場です。
有機JAS認定を取得している高品質なマカ100%粉末がこの価格です。これよりも大幅に高価なマカ粉末は存在しません。※価格について詳しくはこちらのページをご覧ください。
1kg当たり4.000円ということは、100gで400円です。
60gでしたら240円です。
もちろん、これは業者の仕入れ価格ですので、このままの価格で販売できるわけではありませんが、仮に、仕入れ値の倍にして販売したとしても60gでしたら、僅か480円です。


見せかけの低価格に惑わされてはいけません! 上手に、量が多そうに見せかけている商品もあり注意が必要です。健康食品を購入する時は、一見したイメージだけで判断するのではなく、正味量を確かめてから買った方が、お得な買い物ができます。

特別に高品質 !を装った誇大広告に注意!

マカの摂取量についてもご覧ください。


錠剤のマカ製品の場合は、正味量を確認することをおすすめします。

現在、市販されている錠剤は、マカの含有量が30%〜60%の製品が多く、他は賦形剤(固形剤)になっています。
錠剤を安く購入できて良かったと思ったら、肝心のマカが僅かしか入っていなかったということもあります。
錠剤のマカ製品を購入する際は、マカの含有量と賦形剤(固形剤)の含有量をしっかりと確認しましょう。

(例)、マカ錠剤製品の場合
A社 1袋 100g入り  2.000円
B社 1袋 100g入り  1.800円

一見すると、B社の方が安くて買得に見えますが、
A社の錠剤は、マカの含有量90%(賦形剤10%)
B社の錠剤は、マカの含有量50%(賦形剤50%)だとします。

この場合、A社の錠剤にはマカ末が1袋 90g入っているのに対して、B社の錠剤にはマカ末が1袋 50gしか入っていません。グラムあたりの価格ではA社の方が低価格ということになるのです。
従って、錠剤の場合はマカの正味量で計算しないと、単純に高い安いとはいえません。




マカのページへ

HOME | コラーゲン | 田七人参 | 大麦若葉 | 亜鉛 |

マカの歴史 | マカの栽培地 | マカの種類は | マカの成分解説 | マカの成分表 | マカの加工方法 | 現地人の食べ方 | マカ料理レシピ |
マカの画像 | 有機栽培と無農薬 | なぜ安いのか? | 高品質マカが高い | マカの適正価格は | 正味量を確認する | 摂取量について |
原末とエキス末 | 原末orエキス? | 誇大広告に注意 | 比較サイトの実態 |